コスパデブとライフハック

コスパデブがお届けする、コスパに優れたライフハックを紹介します。節約して好きなお酒を買います。おつまみも一品増やしたいです。

"コーヒーナップ"って一体?パフォーマンスのいい仮眠の仕方!

f:id:money-gakusei:20181012225535j:plain
皆さん、"coffenap(コーヒーナップ)" をご存知でしょうか。


コーヒーナップとは
GoogleやNASAでも推奨されている仮眠方法 として
知る人ぞ知るライフハックです。


その名の通り
coffee(=コーヒー) + nap(=昼寝) という造語で
コーヒーを摂取してから仮眠することを
コーヒーナップ と呼びます。

どうしてコーヒーナップは
大手企業で推奨されているのでしょうか。
今回、その目的・効能についてまとめてみました!

更にコーヒーよりおすすめな飲料はないか、
調べてみました!

そもそものカフェインの効能

集中したいときや眠気覚ましに
カフェインをとる方も多いのではないでしょうか。

カフェインは中枢神経を覚醒させ、
疲労や眠気を軽減する効果があります。

ですが、摂取しすぎはカフェイン中毒を引き起こすため
適度に付き合っていく必要があります。

欧州食品安全機関(EFSA)によると成人は一日当たり
400 mgが最大摂取上限 として
定められています。

"日本人はカフェインに強い"と言われているようですが
個人差はもちろんあるので
上記の量を目安にするのがよいですね。

カフェイン量400 mgはドリップコーヒー4杯ほど、
エナジードリンク3本分に相当します。
(エナジードリンクはカフェイン量の多いstrong>モンスター で換算)

これからお勧めするコーヒーナップについて
実践してみる方は
絶対にカフェインの取り過ぎに注意して 行ってください。

カフェイン - Wikipedia

コーヒー(coffee)と昼寝(nap)の関係は?

f:id:money-gakusei:20181012231621j:plain
コーヒーは先ほど説明した通り、
脳を覚醒する効果があります。

ですが、摂取してから体内に吸収されるまでに
時間差があります。

一般的に、摂取してから30分ほど
血中カフェイン量は最大になります。

つまり、眠くて・効率悪くてコーヒーを摂取しても
30分間はカフェインの効果が表れません。

この時間に昼寝をしようというのが
コーヒーナップ です!

コーヒーを摂取したあと、
15~30分ほどの昼寝をすることで
カフェインの覚醒効果でスッキリ目覚められ、
さらに仮眠によるリフレッシュが期待できます。

コーヒーだけだと効果がでるのに時間差がある…
仮眠するとリフレッシュできるが、短時間でスッキリ起きられない…

そんな二つのデメリットを組み合わせて
パフォーマンスアップをしてくれるのが
コーヒーナップです!

確かにコーヒーの香りはリラックスでき
その後の仮眠に入りやすいと思いますが、
カフェインを摂取できればコーヒーでなくとも
コーヒーナップのメリットを受けることができます。

今回、ほかのカフェイン飲料についても調べてみました!

カフェインといえば…コーヒー・緑茶・エナジードリンク

カフェインというと、コーヒー・緑茶・エナジードリンクでしょうか。
それぞれについて一杯・一本当たりのカフェイン量を比べて、
コーヒーナップを超えるもの を考えてみました。

コーヒー

先ほど述べたものに加えて
リラックスする香りも
その後の仮眠に入りやすくしてくれます。

カフェイン量はインスタントコーヒーで一杯当たり約62 mg
ドリップコーヒーで一杯当たり約95 mg
ドリップコーヒーのほうが1.5倍ほど多くなる ようです。

ドリップコーヒーは入れる際に特に香り高いため、
仮眠へのリラックス効果も期待できます。

www.cospadebu.work
以前、このブログでも
コスパのいいドリップコーヒー を紹介しました。

ぜひ参考になればと思います。

緑茶

f:id:money-gakusei:20181012235421j:plain
日本人でしたら緑茶も
リラックスする香りに感じますよね。

カフェイン量は約30 ~ 50 mgほどと
インスタントコーヒーと大差ないようです。

ですが、玉露と呼ばれる
茶葉の若芽を使った比較的高いものですと
180 mgとドリップコーヒーの倍以上 という
カフェインを含みます。

カフェイン量でみるとgreentea(=お茶)nap(=昼寝)も
候補に入りそうですが
緑茶はテアニンという物質を含み、
カフェインと結合して吸収を穏やかにします。

長期的なカフェインの覚醒効果を望むなら
望ましい効果ですが、
昼寝後にスッキリ起きるためには
30分ほどで血中にカフェインが回る必要があります。

よって、朝の起床時には推奨されますが
短い仮眠前に飲むのには向かないようです。

エナジードリンク

f:id:money-gakusei:20181012235452j:plain
カフェインといえば
若者に人気のエナジードリンクにも相当量含まれています。

モンスター一本で約142 mg 程と
コーヒーの倍ほどのカフェインが含まれています。

個人差がありますが
飲んだ直後に寝られるかというのも重要な点です。

炭酸と刺激的な味によって昼寝しやすいとは言えないと感じます。

ですが、モンスターを飲んで寝られる方でしたら
入手の手軽さ・カフェイン量をかんがみても
非常にオススメできると思います。

energydrink(=エナジードリンク)nap(=昼寝)や monster(=モンスター)nap(=昼寝)
流行るんじゃないでしょうか!?

#流行らない
なお、エナジードリンクは砂糖も多く含む場合があるので
日々繰り返すのには向きません。

毎日寝不足・集中が必要な方には
コーヒーをおすすめします。

ちなみに、ほとんど多くの場所で
モンスターはほぼ同じ価格で売られています。
安くて200円ほどでしょうか。

ですが、amazonですと170円ほどで
販売されている時期があります。

モンスターファンの皆さん、
ぜひチェックしてみてください。

(これもぜひ記事にしたいです。)

まとめ!

f:id:money-gakusei:20181012234928j:plain

  • コーヒーナップをすると仮眠からスッキリ目覚められる!
  • その後の効率がカフェインと仮眠の二つの効果によって上がる!
  • 飲料の中でオススメなのはやはりコーヒー!ドリップのほうがカフェインが多い!

最近知ったコーヒーナップ
ぜひ皆さんも活用して効率を上げましょう!